インビザラインの特徴

インビザラインの特徴

長所

  • 抜歯をしなくても歯列矯正ができる場合が多い
  • 治療期間が短い
  • 痛みが少ない
  • 虫歯になりにくい
  • 通院回数が少ない
  • 食事制限スポーツや楽器などの制限がない
  • 急なトラブルが少ない
  • メーカーの5年間無料保証がついている

短所

  • がたつきの強い歯並びの場合は、前からの見た目が改善するのが、ワイヤー矯正と比較すると遅い
  • 自己管理が必要

RYOデンタルクリニックのインビザライン治療の流れ

1. カウンセリング
2. 検査(歯型、歯周検査、口腔内写真、顔貌写真、レントゲン写真)
3. オフィスホワイトニング2回+(親知らずの抜歯)
4. クリンチェックの確認(動画の確認)
5. インビザラインの装着開始
6. 3か月に1回の診察、チェック
7. インビザライン終了、保定開始もしくはインビザラインの追加歯列矯正終了

治療内容詳細

インビザライン治療はマウスピースによる歯列矯正です。

患者様の歯型をコンピュータでスキャンしてデジタル処理を行い、歯列矯正の完成のシュミレーションを作ります。それをもとにしてプリンターでマウスピースを全て作ります。患者様は1回の型取りだけでいいです。

シュミレーション動画は、未来予想を患者様とDrで共有できるので、治療終了時に「思っていたのと違う」といったトラブルが少ない印象です。

最近では抜歯が必要な症例にも対応しており、良好な結果をが出ています。
歯列の乱れが強い患者様には、ワイヤー矯正と併用してより早く、見た目が改善するように工夫しているプランも用意させていただいております。